2014年09月07日

どれぐらい時間をとって呼吸をすればいいの?

呼吸は岩波英知先生のプログラムにおいて重要です。
呼吸と書くと、普段から息をしているじゃないかと思われるかもしれませんが、非常に特殊な面白い呼吸法です。

ヨガ、座禅、格闘技における呼吸法、いくらさがしても同じものはありません。
どんな呼吸をやるのかというと、深呼吸に近いものから、ダイナミックなものまで、あるいは意識が一瞬飛んで、「あれ?ここどこだ?j状態に簡単になるものまであります。

気持いいものから、ちょっとヘビーなものから、充実感のあるものから、頭をぶつけて危険なものまで多種多様です。
だから、何をやればいいと言うわけじゃなくて、自分にあった呼吸を見つけて、やってください。

↑現在は、弱いゆっくり目の呼吸法のみ家でやって来ます。
そしてストレッチ法も組み合わせてやるといいです。


さて、家での課題はどれくらいすればいいかと言うことですが、
ゆっくりの呼吸の場合は、60分ぐらい最低やった方がいいかもしれません。

よく3時間やる人、いや6時間やっている! という人がいますが、変性意識に入れるととにかく気持ちいいので、それぐらい長続きするのです。
だから人が長くやっていると聞いて焦らないでくださいね。
ほんとうに脳内麻薬が出始めますと、ずっと呼吸ができてしまいます。
もちろんゆっくりの呼吸ですよ。

5分しかやらない人は論外。全くやらない人は何のために通っているのですか?と問いたい。
時間なんていくらでも作れる。
仕事で忙しい人もいますが、電車の中でだって弱い呼吸はできます。

そして呼吸をやらない人間ほど、見返りを得ようと欲を出します。
楽して治そうとします。
課題を努力した人間で、悩み症状もよくなった人間からすれば、すごく認識が甘いと思います。

いろいろな呼吸を組み合わせてやると厭きなくていいと思います。
うまく息が吐けない人はストレッチもちゃんとやりましょう。

↑以前のブログを更新した時[2010年]、私は強い呼吸法など織り交ぜて、と書きましたが、家では弱い呼吸法しかしてはいけません。
あくまで強い呼吸法は、呼吸法をマスターした人だけが、自分の意志でやるもので、呼吸法の何たるかをまだ掴んでいない人、呼吸法に自信を持っていない人は、やらないでください。

もし以前の書き込みで、強い呼吸法など家でやっていて、呼吸法の上達がストップした人がいたら、申し訳ありませんでした。
あと呼吸法CDも、いまは岩波英知先生は渡していません。
自分のペースで進めてください。(CDをもらっていた時も、途中から自分のペースでやるようにするわけなので)

posted by faqqer at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック