2014年09月22日

ある呼吸法で失神するって本当?

自分で反り返って止める呼吸法がありますが、訓練が進めば、かなりの確率で意識が飛びます。一瞬、失神します。
だいたい数秒ぐらいですが、家でやる時は、頭を打たないようにクッションなどを使ってください。
さんざん先生が言っていることなので、頭をぶつけた人は自己責任ですから。

↑訓練が進んでいない人は、意識を飛ばそうとしても無理です。
あと意識を飛ばそうとして、その呼吸法をやっても無理です。
だから、頭をぶつける心配はないです。
また、家ではやらないように、現在言われています。
弱めのゆっくりのリズムの呼吸法とストレッチ法だけやってきます。


とにかく意識が飛んだ時、脳は一種のズレを味わいます。
そりゃそうですよね。
意識がある状態がいきなり、数秒とぎれるわけだから、脳が作動します。
その時におそらく脳内伝達物質が出やすくなり、トランス状態、意識の変容状態が深まっていく端緒になります。

意識を飛ばすことは、意識を飛ばそうとしないこと、ガムシャラに見返りを求めずただ呼吸をやることです。
しかし、そんな呼吸法だけに頼っていてはダメです。

弱めの呼吸法だけで、深い変性意識に入れるぐらい頑張りましょう!
posted by faqqer at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック