2014年09月22日

名前をすぐ忘れる、カルテを書かない

どこかでカルテを書かないし、名前を間違えるからひどいと書いてありましたが、
そもそもカルテなんかいちいち書いたりしない先生です。
その女性は何を期待していたのだろう?
評判が高いから、きっと立派な病院の先生だと思ったのでしょうか?

岩波先生は一匹狼で、どこにも属さない、我が道を行く人です。
だからこそ、あそこまでの誰にもマネできないレベルまで技術を構築できたのでしょうが、
メモったりして、その人の症状を把握までしません。
でも、けっこう細かいところまで昔話したことを覚えています。

頭でっかちの専門家の人なら、ちゃんとメモ書きして、一人一人クライアントを把握しようとするでしょうが、
そんなめんどくさいことはしない人です。
非常に感覚的です。動物的と言った方がいいかもしれません。

名前を覚えられないのは先生の悪い癖だそうで、最初に地名を言ってくれればすぐわかる、と言います。
たくさんの人が通っていて、先生は把握しきれないと思うので、特に集団の時は名前よりも、地名+名前で先生にアピールしてください。
動物的にパッと名前を顔が一致すると思います。

名前を忘れられても、それはみんな同じことなので、私だけないがしろにされている!と怒らないでください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック