2018年12月08日

岩波英知先生のプログラムで宗教に勧誘されることはない?

宗教ではありません。
変な思想も植え付けられることはなく、自分の主体的意志を芽生えさせることをやります。

たしかにカリスマ性があり、もし宗教家として立ったらとんでもない数の信者がでてくるかもしれません。
ですが、岩波英知先生は自分に依存されることを好まないため、宗教なんて一番程遠い人だと思います。

というよりも、どんな宗教の教祖よりも、世の中の役に立っているのではないでしょうか?
プログラム中に高額の物を買わされたり、実は裏に宗教団体があって、そこに勧誘されるということもありません。

断じて断じてないので安心してください。

ただし岩波英知先生の技術は、世の中の宗教家からしたら、喉から手が出るくらい欲しがる究極のメンタル面と脳に対する奇跡的効果を発揮します。
岩波先生が誰かの参加になるということもなく、決して真似できない別次元の高レベルな技術なので、変な宗教が取り入れるということもありません。

世界にひとつだけの技術という希少価値、岩波先生のカリスマ性など、宗教チックに思われることもないではないですが、宗教とは全く一線を画したものであり、宗教以上に人を救っていることも事実です。
posted by faqqer at 18:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

岩波英知先生の施術は失神ではない!?

岩波英知先生の施術の一つに意識が飛ぶものがあります。
この時の体感や効果がものすごいものがあります。
すごいとしか言葉に出来ないのが残念ですが、失神とは全く違うものだと深くトランスに入った人は実感することでしょう。

その効果とは、抑圧がごっそり出てきて抜けていったり、超越した意識に覚醒したり、絶対的な肯定感や自己承認感が到来して、ものすごく心地よく、快感がマックスで、直感が迸るぐらいです。
そしてほんの一瞬(1,2秒ほど)なのに、体感した人の主観的な時間の長さでは数日、いや数週間、数年、そして人生を数回やり直して目覚めたぐらいの長さに感じていきます。

レベルの低い失神といったものではなく、岩波英知先生の技術は彼一人しかなしえないものです。
奇跡的な感覚といっていいもので、年々先生の技術は研ぎ澄まされ、神業になってきています。
受けられたら絶句するほどのインパクト、そして後にとんでもない質と長さと深さを感じるでしょう。

別に首を絞めているわけでも頸動脈を抑えているわけではなく、鎖骨あたりのツボ(先生しか把握できない)や、背中を反らせるだけで同じようになります。
そしてほんの一瞬だけ首を触るだけでも、意識が飛び別世界に入ります。

これほど技術的に洗練されているため、どんな体がガチガチの人や、超警戒心が強い人や、トランスや変性意識はおろかリラックス感すら味わえないタイプの人でも誰であっても入れます。
防衛本能が強く猜疑心が強く雑念と自意識だらけの人が、そもそも失神するわけがありません。
柔道の達人で失神したことがない人が、簡単に落ちるわけがなく、先生の特別な神業で一瞬で別世界に入らせてしまうのだから、達人いや神の域に達した岩波英知先生だけがなし得る技です。

もともと予約で殺到していて、料金的に高いのに日本全国津々浦はもちろんのこと、海外からもたくさん通ってきています(南米以外はどの大陸や島から遠路はるばる通ってきています)。
本当に失神だけの話だったら、そんなことはありえませんし、絶対的な体感がすごいからこそ、効果が現れます。
他の方法では、一生かかっても到達できない域に、最初から別次元で入れるのだから、まさに神業です。

世界的な大物も先生の技術に感動をしているそうです。
そしてまた、その凄さをその友人や知人に紹介して、岩波先生の名前とその技術の凄さを知っている有名人はとても多いです。
ただし先生は絶対にテレビやメディアに出ることはしない人です。

なおテレビに出るタレントなんかは、仕事柄多くの一流と言われる世界中のプロの誘導(潜在意識世界や瞑想世界、スピリチュアル世界への誘導)を体験していますが、すべてやらせか本当にかかったことがないそうです。
催眠ショーなんかはさくらとやらせばかりで、仕事上催眠や暗示にかかったように演じているだけの話です。
そんな人でも、簡単に超深いトランス状態に入れてしまうのだから、他の人を紹介したくなるのはよくわかります。

つまり、岩波先生は人間国宝、国指定の天然記念物クラスの世界で一人しかいない達人だということです。
まあ受ける際には緊張はしますが、それを乗り越えて受け続けると、必ず奇跡が起きます。
頑張ってください。



posted by faqqer at 12:49| 大阪 | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

強い呼吸で体が痛くなるのはなぜ?

体が固い人が、強い呼吸を吐くと、体の様々なところに負担がかかります。
なまった体の人が、全力疾走で100メートルを走ったらどうなるかを考えたら、どうなるかぐらいは想像つくと思います。

なまるといういい方は言い過ぎかもしれませんが、息を強く吐くことは、一種の運動です。だから、当然それをしていない人は、負荷がかかってしまうのです。
体が硬いと、頭も当然硬いわけですから、頭も痛くなるかもしれません。
胃に負担が来て、気持ち悪くなるかもしれません。

だから、最初にストレッチをそういう人は念入りにしてから、あんまり激しい呼吸をせずに、ゆっくり目、弱めの呼吸をしていきましょう。
焦って、無理に強い呼吸で効果を劇的に上げようと頑張ると、次の日頑張れなくなります。
弱い呼吸、ゆったりの呼吸は、体の堅さをとってくれます。
体を弛緩状態に持っていってくれますので、気持ち悪くなったり、肩や頭が痛くなるような人は、激しい呼吸は調子のいい時だけしましょう。

あとパニック障害の人はまた他の症状の人と違うので、慎重に強い呼吸をやりましょう。先生に相談しましょう。
こちらにパニック障害の人の呼吸法のコツが書いてあります。

体が硬く、毎日が辛い人ほど、早く改善したいと強い呼吸を無理にやってしまいますが、ものごとには順番があります。
自分のペースでやるのが一番です。

※現在、強い呼吸法は家でやらないようになっています。注意をしてください。


posted by faqqer at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩波先生の「後で電話連絡するから」は?

岩波先生は、こちらが事務所や先生の携帯に電話して、ちょうど忙しくて「あとで電話する」という時があります。
多くは、すっかり先生は忘れてしまっていて、「あとで電話」はかかってきません(笑) 必ずそうなるわけではありませんが、期待にしないようにしましょう。

おそらくオンモード(仕事の時)とオフモードの切り替え、割り切りがすごいため(そのため仕事のストレスを溜めない)、オフになった時、すっかり忘れてしまうんだと思います。
だから、「あとで電話するから」と先生に言われても、「あとで電話して」といっていると思っていいです。

だから、時間を見計らって、あとで電話を自らしましょう。
先生のプログラムは受け身よりも、自ら主体的にアクションを起こしていく方が望ましいです。

電話がこなくたって、ぷりぷり怒らないでください。
私も何度すっぽかされたことか!
「あー、忘れているんだ、先生らしいな、それに忙しい人だから」と軽く受け流して、電話してみましょう。
posted by faqqer at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある呼吸法で失神するって本当?

自分で反り返って止める呼吸法がありますが、訓練が進めば、かなりの確率で意識が飛びます。一瞬、失神します。
だいたい数秒ぐらいですが、家でやる時は、頭を打たないようにクッションなどを使ってください。
さんざん先生が言っていることなので、頭をぶつけた人は自己責任ですから。

↑訓練が進んでいない人は、意識を飛ばそうとしても無理です。
あと意識を飛ばそうとして、その呼吸法をやっても無理です。
だから、頭をぶつける心配はないです。
また、家ではやらないように、現在言われています。
弱めのゆっくりのリズムの呼吸法とストレッチ法だけやってきます。


とにかく意識が飛んだ時、脳は一種のズレを味わいます。
そりゃそうですよね。
意識がある状態がいきなり、数秒とぎれるわけだから、脳が作動します。
その時におそらく脳内伝達物質が出やすくなり、トランス状態、意識の変容状態が深まっていく端緒になります。

意識を飛ばすことは、意識を飛ばそうとしないこと、ガムシャラに見返りを求めずただ呼吸をやることです。
しかし、そんな呼吸法だけに頼っていてはダメです。

弱めの呼吸法だけで、深い変性意識に入れるぐらい頑張りましょう!
posted by faqqer at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

うまく息が吐けません。苦しいです。どうしたらいいですか?

息がスムーズに吐けない人、強い呼吸ですぐ苦しくなる人は、体が硬い証拠です。
柔軟性がないので、すぐ体に負荷がかかります。
その状態で無理に呼吸を頑張ると、居心地が悪かったり、苦しかったり、落ち着かなかったりとなります。
そうなっても落ち込まないでください。
最初は誰だってそういう経験をします。

いずれ呼吸の量に比例して(質は求めないでください)、体に弛み、柔軟性が増してきます。
そうすると、いい息が吐けるようになります。

体が硬い人は、いきなり呼吸はやらず、お風呂に入ってストレッチをしてから取り組みましょう。
かなり違うはずです。
強い呼吸だけをどうしてもやろうとしてしまう人がいます。
効果を早く得たいからですが、それでは長続きしません。
弱いものと併用して勧めてください。

弱い呼吸も必ず生きてきます。
しかし、自力での効果を実感できないからといって、やめたらダメです。
実感がなくてもやり続けることがデキる人だけが、悩みを克服できる人だと思い込み、やりぬいてください。
私もそうやりました。そして克服に至りました。
posted by faqqer at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どれぐらい時間をとって呼吸をすればいいの?

呼吸は岩波英知先生のプログラムにおいて重要です。
呼吸と書くと、普段から息をしているじゃないかと思われるかもしれませんが、非常に特殊な面白い呼吸法です。

ヨガ、座禅、格闘技における呼吸法、いくらさがしても同じものはありません。
どんな呼吸をやるのかというと、深呼吸に近いものから、ダイナミックなものまで、あるいは意識が一瞬飛んで、「あれ?ここどこだ?j状態に簡単になるものまであります。

気持いいものから、ちょっとヘビーなものから、充実感のあるものから、頭をぶつけて危険なものまで多種多様です。
だから、何をやればいいと言うわけじゃなくて、自分にあった呼吸を見つけて、やってください。

↑現在は、弱いゆっくり目の呼吸法のみ家でやって来ます。
そしてストレッチ法も組み合わせてやるといいです。


さて、家での課題はどれくらいすればいいかと言うことですが、
ゆっくりの呼吸の場合は、60分ぐらい最低やった方がいいかもしれません。

よく3時間やる人、いや6時間やっている! という人がいますが、変性意識に入れるととにかく気持ちいいので、それぐらい長続きするのです。
だから人が長くやっていると聞いて焦らないでくださいね。
ほんとうに脳内麻薬が出始めますと、ずっと呼吸ができてしまいます。
もちろんゆっくりの呼吸ですよ。

5分しかやらない人は論外。全くやらない人は何のために通っているのですか?と問いたい。
時間なんていくらでも作れる。
仕事で忙しい人もいますが、電車の中でだって弱い呼吸はできます。

そして呼吸をやらない人間ほど、見返りを得ようと欲を出します。
楽して治そうとします。
課題を努力した人間で、悩み症状もよくなった人間からすれば、すごく認識が甘いと思います。

いろいろな呼吸を組み合わせてやると厭きなくていいと思います。
うまく息が吐けない人はストレッチもちゃんとやりましょう。

↑以前のブログを更新した時[2010年]、私は強い呼吸法など織り交ぜて、と書きましたが、家では弱い呼吸法しかしてはいけません。
あくまで強い呼吸法は、呼吸法をマスターした人だけが、自分の意志でやるもので、呼吸法の何たるかをまだ掴んでいない人、呼吸法に自信を持っていない人は、やらないでください。

もし以前の書き込みで、強い呼吸法など家でやっていて、呼吸法の上達がストップした人がいたら、申し訳ありませんでした。
あと呼吸法CDも、いまは岩波英知先生は渡していません。
自分のペースで進めてください。(CDをもらっていた時も、途中から自分のペースでやるようにするわけなので)

posted by faqqer at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

なぜ家で呼吸法をやらなくてはいけないのか

潜在意識を浮かび上がらせるために、さらに暗示を染みこませたり、問題解決を根本から図るために「呼吸」を家でやってくるように言われます。

これをやるとやらないのとでは、その後のセラピーの進め具合に大きな差が出てきてしまいます。
なぜ呼吸法をやらなくてはいけないのかは、集団に参加すれば一番わかると思いますが、その意義を書いてみたいと思います。

一、呼吸をやることで、潜在意識を顕在化させる為
一、呼吸をやることで、体が根っこから柔らかくなり、トランス状態にスムーズに入れる
一、自力で変性意識に入るようにするため
一、体と脳にリラックス感を覚えさせるため
一、理性の割合を小さくし、感覚の世界の割合を増やす
一、ストレス対策になる
一、やればやるほどトランス状態が劇的に深まる
一、潜在意識に自力で暗示を入れ込むため
一、呼吸をやりこみ変性意識という感覚の世界になると、抑圧されたドロドロとした感情が出やすくなる
一、悩みが悩みを呼ぶ悪循環を断ち切ることができる
一、リラックス感により、心に余裕ができてくる

ざっと私自身のことを思い浮かべ書いてみました。
他にも色々あるかもしれません。

呼吸法のコツややり方についてはまた別の機会に説明したいと思います。

ここで言いたいことは、呼吸法は、体と脳に決定的なプラスの影響を与えることができると言うことです。
やっている人とやっていない人には、大きな差ができてしまいます。

呼吸法をやりこめばやりこむほど、岩波先生の持っている技術のすさまじさを体感できます。必ず感動できる世界です。

意志が弱く、呼吸をやってこない人は、すすみが遅くなるでしょう。

現在は弱いゆっくり目の呼吸法のみ家でやって来ます(プラスストレッチ法も)続きを読む
posted by faqqer at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸法についての疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。